GUNPLA日和

ガンプラ製作ブログ、更新頻度の割りに遅々として進まないグダグダ改修

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F90 (60)  

ネオジムを仕込んでみました


f90arm4.jpgf90arm5.jpgf90arm6.jpg
左画像:前腕の構成です、構成自体は今までと何ら変わりません
中画像:前腕外装とハードポイントユニットの接続は今まで通りにプラ同士の凸凹にて。
右画像:ネオジムを仕込んだのはハードポイントとカバーです

ハードポイントのネオジムは1mm程度出っ張らせてズレ防止
カバーは逆に表裏ともにへこんだ位置に設置してます

f90shld1.jpg
シールドも以前と構成は全く同じ、シールドはカバーに装着するので
シールド側のネオジムは台座からこれまた1mm程度出っ張らせてます
台座は円形で中にポリキャップを仕込んでいるので回転します

f90pro5.jpg
シールドの装着位置はこんな感じです、保持力は全く問題ないです

胴体のほうですが胸部ダクトの枠を上下に詰めました
下側を切り取り2mm(?)ほど上にズラしてプラ板で作成

肩はハードポイントや胴体のコンパクト化に合わせて前後パネルの外側をやや削り込んでます

f90pro6.jpg
脚部は夏頃までは足首で2mmほど延長してましたがその後1mmに変更
そして今は延長そのものをやめました

MG F91は上半身のボリュームに下半身が負けてる印象でしたが
F90は元々オーソドックスなスタイルなので上半身のボリュームも少なめです。
なので設定の全高に近づける意味やGFFカトキ氏のイラストのような
小型化による凝縮感のような骨太な印象も狙いつつ脚部の延長はやめました。

スネの外装はいままでF91からやや太くした程度でラインはF91のままでしたが
直線的にし太さも稼ぎました、太ももに負けてる感を無くせたかな?

脚部全体のまとまりが出てきたような・・・?


プラモ・模型ブログランキング



にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント

ほほう。磁石がこのように組み込まれているんですね。
ちょうどマウントラッチの形状になっていて、
違和感がないですね~。

それにしても、全身とても完成度の高いバランスですね。
しばらく見入ってしまいました。
こうやって見てみると、DeFさんのF90の肩は
ほどよい大きさですね。形状との相性もいいですし。

F90の肩って、RX-78のように、けっこう小ぶりなんですよね。
やはり僕の作っているものは、肩が大きすぎですね・・・。
でもF90キットの肩前後の装甲って、
設定画に比べてちょっと横につぶれ気味なんで、
少し縦長にしたいんですよね~。
現状では上辺に2mmプラ板を貼っていますが、
これを1.5mmに変更すればいいのかな?
このあたりのバランス、プライベートが落ち着いたら再検討してみようかと。

冬弥 #.2cgsHzE | URL
2011/11/09 10:22 | edit

>冬弥さん

こんにちは
肩の基準になるパネル自体は標準サイズでカバーとスラスターで大きく見えてるだけですよね

キットの肩は確かに横方向へ伸びすぎですよね
GFFのようにスクエアな形状のほうが設定に近い気がします

肩の取り付け位置、首の長さ等も関係してきますから疲れますよね(;´Д`)

DeF #- | URL
2011/11/09 14:22 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gunplabiyori.blog10.fc2.com/tb.php/91-d8ae78dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Calendar

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Archives

Categories

Link

Search

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。