GUNPLA日和

ガンプラ製作ブログ、更新頻度の割りに遅々として進まないグダグダ改修

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F90 (65)  

月曜の真昼間から更新です、ちょこっと進みました



20121105f90a.jpg
前回の肩アーマー前後パネル作り直しの続きです。

結局あの後もう一度作り直して両肩分4枚用意しました
自分なりに4枚精度出せたと思います

複製しなくても土台さえしっかりしていれば4枚作れるんじゃないかと思いまして。

20121105f90b.jpg
左が旧で右が新です、パネルは共に7角形なんですが縦横のバランスを変えることで
肩全体のバランスも変わった気がします、スラスター部分の存在感が増したような。

20121105f90c.jpg
今までは肩軸を通すF91から流用のフレーム部分の取り付け穴と自作の長方形凸凹で固定してましたが
F90の肩アーマー前後パネルが…というか藤田版のパネルは面構成が結構複雑で
今までのフレームでは精度もへったくれも無いような状況でした

そのあたりもしっかり改善すべくフレーム部分の取り付け用○軸を切り飛ばして
プラ板(右の緑×)を貼り付け平らにし、フレームとの接続は長方形の凸凹のみに変更
そのままだと腕部の肩関節と前後パネルのクリアランスが取れず干渉してしまうので
20121105f90d.jpg
肩関節の○ディテール部分を右のように平らになる程度まで前後共に削りました。

肩アーマー側としてはスラスター出口部分に赤線のようにプラ板を貼りつけてますが
大型化よりも整形の意味合いが大きいです。
青×箇所のプラ板はパネルとスラスターの隙間を小さくするためと汚いので蓋の意味もあります

20121105f90e.jpg
肩を上から見た画像です、上が胴体側で下が外側になるスラスター側です

あえてスラスターとパネルは密着させずに適当な隙間を設けました。
肩ってF90だと上面にハードポイントもあり外側には大き目なスラスターもあり
そして戦闘時にもっとも可動させる頻度の高い関節の一つ肩関節もあり装甲は欠かせないとは思いますが
反面可動を妨げるようでは本末転倒

私のF90はパネルの可動まで再現はしませんが本来であれば肩アーマーの各構成部分とパネルには
それなりのクリアランスがあるんじゃないかと妄想した結果です

なのでフレーム内側とパネルは密着してますがスラスターとは隙間を作りました
あまりスカスカでは格好が悪いので違和感ない程度にしたつもりです。

パネルは2枚目の画像左のように板のままではなくちょっと面倒な面構成を作らなければなりませんが
完成時は今までの肩より前後の厚みは薄くなる予定、ならなければ困るのですが…

プラモ・模型ブログランキング



にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
コメント

こりゃまた、かなりこだわりの造形になりそうですね~。
続きが楽しみですよ!
F90が止まっている僕としては、良い刺激になります。
っていうか、早く作れと言われているような気になります(汗)
僕のほうは腕のハードポイントの内部メカを作るところで
中のクリアランスがとれなくてストップしてます(汗)
そろそろ再開しないと、何をどうしたかったのか忘れそうです(汗)

オリジン版ガンダムも期待してますよ~。

冬弥 #.2cgsHzE | URL
2012/11/08 10:51 | edit

>冬弥さん

お久しぶりです。

あちこち迷走というか適当作業でひどい有様だったので
今後の作業を進めやすいように綺麗な改修箇所を増やすのも
目的だったりします。

全体像としては微々たる違いですが自己満足の高い作業も
兼ねてます!

オリジンよりMGν Ver.kaを作りたいのですが我慢です…

DeF #- | URL
2012/11/08 12:25 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gunplabiyori.blog10.fc2.com/tb.php/108-0d5acb49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Calendar

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Archives

Categories

Link

Search

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。