GUNPLA日和

ガンプラ製作ブログ、更新頻度の割りに遅々として進まないグダグダ改修

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F91 (1)  

JUGEMからFC2に引っ越しました、旧ブログの記事を丸写しするのは
面倒なので編集しつつ纏めたいと思います。


当初F91の製作はMG ウイング、ゼロカス、VerKaのいずれかをベースにと思っていました
ネタ元は海外のいわゆる海賊版・無版権商品のF90コンバージョンキットなるものが
ゼロカス、VerKaを使用している点にヒントを得て(もちろん無版権品は使いません)
そのフレームにMG F91の外装や一部フレーム等を移植していく改修を予定し
F90やF91劇中登場MSも旧キットを使用し同じ改修でいこうと思ってました

でもさすがに現実性がないなと・・・
その後脳内計画ばかりでキットの購入もせず・・・
MG F91で最も気になる点は脚部、細く短めな足が一番気になっていました
後日いつも利用している模型店でスタッフの方が制作したクロスボーンガンダムを見て
その太ももの形状がF91に使えると思い帰宅後ネットで色々検索

フレームの共有箇所が多いのは知っていましたが股関節~太ももまでは無改修で移植可能
さらにF91で検索するとその改修を行っている方のブログを発見し
製作計画がかたまりました、クロスボーンの太もも移植でいくことに。

MG F91は2006年の発売直後に1つ、一昨年1つ、そして昨年末に今回の本腰製作のために1つ
これまでに都合3つ購入したのですが最初の1つは途中で改修・製作を諦め行方不明
2つ目のやつは肩関節と一部の部品を除き保管してましたので3つ目と合わせて
今回の製作に利用します。

長くなりましたが改修に入ります

f91l3.jpgf91l4.jpgf91l2.jpg
@スネの改修はスネフレームの延長は行わず右画像のように足首関節で延長しています
アンクルガード取り付け部分の上で切断し1mmほど足首側を前方にずらして接着
つま先の延長などを行わずに小さく感じる足首の印象を改善してみました。
@スネ外装は画像左・中のように下部をプラ板とエポパテで延長しています
末広がりを強調するように真ん中あたりから徐々に太くしています

f91l5.jpgf91l6.jpg
@太もも外装とヒザフレームカバーはMGクロスボーンから移植
太もも外装は上部で3mm程度延長、合わせて太もも上部の球体パーツの取り付け軸も延長
@ヒザカバーはF91とクロスボーンとではディテールがかなり違いますが
それほど違和感も感じませんしクロスボーンのほうが一回り太くヒザ周辺がカッチリします。

f91b3.jpg
@太ももをクロスボーンから移植したため一回り太さも増したためそのままでは
股間軸が広すぎる感じがしたため股間ブロックの赤矢印の部分を削っています
片側1mm程度ですがこの辺りのバランスは好みも含め大切だと思います。

脚部の主な改修は以上ですが上半身に負け気味だった下半身のボリュームUPに成功しました
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gunplabiyori.blog10.fc2.com/tb.php/1-df225f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Calendar

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Archives

Categories

Link

Search

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。